この記事ではバストのお悩み体験談についてまとめました!

 

思春期の頃から小さい胸で悩んでいました。

バストのイメージ
中学生の頃は「小皿」とからかわれて悔しい思いもしました。30代で出産をし、授乳期が終わった頃、もともと小さい胸なのに垂れてきていることに気が付きました。小さくても垂れる、この事実に衝撃を受けました。

 

少し胸元の開いた洋服は素敵に着こなせないものがあったり、貧相に見えてしまいます。もともとやせ型でしたが、30代半ばで産後はお腹や下半身に脂肪が付きやすく、胸よりお腹が出ている?と思う程、スタイルも崩れていてバランスが悪く感じました。

 

購入したのは〇〇というナイトブラです。妊娠出産を機にここ数年はブラトップばかり愛用。ただ楽だけを選んでいたことを反省しました。このナイトブラはしっかりとしたホールド力がありますがキツイと不快に感じることはなく、継続しやすかったです。2着購入し、今2ヶ月くらい毎晩つけて寝ています。明らかに張りが出てきて嬉しく感じています。昼間もつけると効果UPとのことで何度か付けましたが、黒とピンクの生地でデザインとしても服から見えていいものではなく、あまり昼間はつけられませんでした。

 

張りが出てきたことで自分の胸を少し好きになれました。こんなに小さい胸でもまだまだ育てられるんだという感じです。また、昼間も楽なブラトップばかりではなく、きちんとブラを着けたり、下着を選ぶ楽しみを思い出せました。

 

もし今ブラトップをご愛用中なら、ぜひ今すぐにナイトブラ+きちんとしたブラジャーに切り替えることをお勧めします。これまで重力に負け放題負けていた胸なら、それを変えるだけで少なからず効果があるのではないでしょうか。

 

「はと胸」さんのお悩み対策方法

頭を抱えているイメージ
いわゆる「はと胸」なので、自分のサイズ以上の大きさに見られがちなのが悩みです。
胸回りが強調され、しっかりして見えるため、実際の体重より太って見えてしまうので困っています。
はと胸のタイプには、なかなか合う形状のブラジャーが見つからないという点も悩みです。

 

ニットや、冬のセーターを着たときに、自分の実際のサイズより胸が大きくみられがちのため、デザインによっては太って見られてしまうマイナスポイントがあります。かといって、このタイプの胸に合うブラジャーが割と少ないので、合わない形のものを身につけていると、締め付け感を感じたり、付け心地に違和感を感じながら一日を過ごすというマイナスポイントがあります。

 

休日は、ブラジャーはつけません。また、シャツや、羽織り物をなどをきたときは、ブラジャーをつけずに外出できることもあります。どうしても、つけなければいけないときに、現時点で一番これがいいと思った商品は、無印良品の商品です。

 

とにかく、ブラジャーをつけなくていい休日や、服装の時はこの悩みからは解放されているので、本当に気分がいいです。
色々なメーカーの製品を購入してみましたが、値段が高いものも安いものも、やはり「はと胸」にあうものはなかなかなかったので、何枚無駄にしたかわかりません。
無印良品の製品が今まで購入したものの中で、一番リーズナブルで、素材も綿など肌に優しい素材が多く使用されてるのですが、身につけたときにしっくりきたときは、「助かった」と心から思いました。
ですが、デザインにかわいさがありませんので、この先も、もっとしっくりくるものを探し続けると思います。

 

ここまでくるまでに、結構色々探したので、ようやく見つけたと言う気持ちを答えます。
もっと、上手くいくものや、方法があるとしたら引き続き情報探しているのですが、今のところ、この方法がベストな状態だと伝えます。
もし、同じ悩みがある人がいれば情報を共有できればいいと思っていることも伝えます。

 

グラマラスタイル公式サイトが安い?口コミ評判【画像付きレビュー】

ページの先頭へ戻る